*トップ

オオハンゲ Pinellia tripartita (Bl.) Schott サトイモ科 ハンゲ属 多年草 分布:温暖な山地の林内や湿り気のある谷筋に見られる。 葉:1〜4枚で3深裂。 カラスビシャクに似ているそうですが、つり竿の長さに違いがあるそうです。短くて基部が黒いのが、カラスビシャク。対してオオハンゲは長くて緑色。夏にも見かけましたが、秋口の草刈後にまた成長して生えていました。写真は新しいものに差し替えました。

(撮影:2007/10/03)

(撮影:2007/08/03)


inserted by FC2 system