*トップ

ヒヨドリバナ(鵯花) Eupatorium chinense キク科、フジバカマ属、多年草分布:北海道〜沖縄、東アジアの温帯〜熱帯 →山野 草丈:1〜2m 茎:縮れた毛があってざらつく。 葉:対生、卵状長楕円形〜楕円形、鋸歯、裏面には腺点がある。 花期:8〜10月(白色、淡紅紫色、頭状花序) 似た種類:サワヒヨドリ(葉柄がない)

(撮影:2007/09/15)

(撮影:2007/09/15)

(撮影:2007/10/16)やや赤紫色掛ったものがあった。

サワヒヨドリかと思ったが、葉を見るとヒヨドリバナか?

(撮影:2007/10/16)水辺には

3裂のものもあった。


inserted by FC2 system