*トップ

オトギリソウ(弟切草) Hypericum erectum  オトギリソウ科、オトギリソウ属 (薬草) 
分布:日本全土、朝鮮半島、中国大陸 ⇒日当たりのよい原野・山地・道端 茎:円柱状。上の方で分枝。 
葉:対生し両葉が茎を抱くようについている。 (長さ2〜6cm、巾0.7〜20cm程度) 草丈:20〜60cm 花期:夏〜秋 
花径:2cm弱。日没時にはしぼむ。 果実:卵形のサク果(長さ3〜10mm) オトギリソウの仲間には、葉を透かして見ると明点のあるものと黒点のあるものがあるそうで、写真左は肉眼でやっと見える程度の黒点があります。右は未確認。

(撮影:2007/07/07)

(撮影:2007/08/15)


inserted by FC2 system