*トップ

ムラサキシキブ(紫式部) Callicarpa japonica クマツヅラ科 落葉低木 分布:日本各地(林などに自生) 果実:紫色(秋) 葉:対生 花期:6月(淡紫色、散房花序) もともとは「ムラサキシキミ」と呼ばれていたそうで、「シキミ」とは重る実=実がたくさんなるという意味。 似た植物:コムラサキ(C. dichotoma)別名コシキブ:全体に小型で果実の数が多くて美しいので、庭などによく植えられている。葉の先端半分にだけ鋸歯があるが、ムラサキシキブは葉全体に鋸歯があることで区別できる。

(撮影:2007/06/10)

(撮影:2007/09/)


inserted by FC2 system