*トップ
コマツナギ(駒繋ぎ) Indigofera pseudo-tinctoria マメ科 コマツナギ属 草本状低木 分布:本州〜九州 花期:6〜9月 日当たりの良い原野や路傍に、地面を這うように成長する。名前の由来は、馬が繋いでおけるくらい茎が丈夫なことから。
最近は在来種(上2枚の写真)より大型(高さ1m以上、幹直径3〜4cm)のものが中国などから持ち込まれているそうですが、初めて見つけた下の2枚の写真のものが、全体的に大きかったので、それかなと思う。

(撮影:2007/05/30)

(同左)

(撮影:2009/05/19)

(同左)
inserted by FC2 system