*トップ

スイバ

タデ科 ギシギシ属 多年草 <学名>Rumex acetosa L. <花期>春〜夏 <背丈>30〜100cm

かわらの土手や草地に生えています。 くきの上の方につく葉のつけ根は,くきをだくようにつくのがとくちょうです。 雄(おす)のスイバと,雌(めす)のスイバがあって,雄の花は白っぽく,雌の花は赤っぽくなります。 名前のいわれ くきや葉を食べるとすっぱいことから「酸い葉」と名づけられた。 生でも食べられるが,有害な成分をふくむので,あまりたくさん食べないようがよい。


inserted by FC2 system