*トップ
ナルコユリ(鳴子百合) Polygonatum falcatum ユリ科ナルコユリ属 多年草 <分布>本州〜九州・・・低山地の林縁や原野 <草丈>80cm程度 <花期>5〜6月 名前の由来:長い茎にぶら下がっている花が、スズメ追いに使った鳴子に似ていることから。*「アマドコロ」かとも思いましたが、「アマドコロ」の茎は角ばっているそうで、また葉の幅も広く、花数も1〜2個と少ないとのこと。


inserted by FC2 system