植物名前図鑑
シャクヤク(芍薬)Paeonia lactiflora ボタン科 ボタン属 多年草 耐寒性 英名:Chinese peony 原産地:中国、シベリア 葉:複葉、互生 花色:紅、桃、紫紅、白、黄

=芍薬と牡丹の違い=
牡丹は「木」の姿で越冬し、芍薬は冬には地上部は枯れ根だけが残る。芍薬の葉にはほとんど切れ込みが見られない(テヌイフォリアという細葉芍薬を除く)のに対して牡丹の葉先には切れ込みが見られる。芍薬は枝分かれせずにまっすぐに立つのに対し、牡丹は枝分かれしやすく横張りの樹形になる。*近年は交配が進んでいるため、区別しづらくなっているそうです。
*↓2枚の写真は、接木により一つの株に牡丹と芍薬の蕾がついたもの。

(撮影:2005/05/11)

(撮影:2008/05/06)

(撮影:2009/04/03)

(撮影:2009/04/03)


[Link] チラシ 印刷 下敷き 個人輸入 ランドローバー FX 初心者 必勝法 医療 ショッピング 不動産
inserted by FC2 system