植物名前図鑑

ニガガシュウ(苦何首烏) Dioscorea bulbifera ヤマノイモ科 ヤマノイモ属 つる性多年草 分布:関東以西〜本州、南西諸島、朝鮮、中国、マレーシア、インドなど暖地の山すそや川岸に生える。 葉:5〜13cm、葉柄の基部に縮れたひれがある。むかごができる。 花期:8〜9月 雌花は滅多に咲かず、むかごで増える。 名前の由来:地下の塊根やムカゴが苦く、葉の形がツルドクダミ (何首烏:カシュウ)に似ていることから。(写真は雄花:撮影:2008/09/11)


inserted by FC2 system